三浦半島の魅力を最大化するコンセプトを考える東京大学と京急電鉄の共同研究にパートナーとして参加

京浜急行電鉄株式会社と国立大学法人東京大学による、、三浦半島エリアの活性化に向けた共同研究プロジェクトに、株式会社インクワイア代表のモリジュンヤがパートナーとして参加しました

共同研究のファシリテーターには、ワークショップ研究・実践の第一人者である、東京大学大学院情報学環 安斎勇樹特任助教が参加し、研究メンバーには京急グループ若手社員や、パートナーとして、(株)地理人研究所の今和泉隆行氏が参加しました。

共同研究は、2017年5月18日(木)からフィールドワークや複数回のワークショップを通してコンセプトを開発。研究の成果はコンセプトブックという形で2017年度末にとりまとめ、コンセプトブックをベースに具体化した企画については、京急グループ内で順次事業化に向けて推進する予定とのことです。

インクワイアはフィールドワークやワークショップへの参加、コンセプトブックの編集ディレクションを担当しました。

inquireをフォローする