NPO法人ミラツクと株式会社cotreeが「女性が本来持つ7つの力」オンライン診断のサービスを開始

女性が活躍できる社会づくりや女性の管理職登用が叫ばれている今。

社会に制約があるせいで、働くうえで女性たちが活かしきれていない力があるとしたら、いったいどういうものなのか。そして女性の力はどうやったら活かせるのか?

NPO法人ミラツクは、株式会社cotreeとの共同開発を通じて「女性が本来持つ7つの力」オンライン診断のサービスを開始しました。

スクリーンショット 2016-06-16 14.22.19

NPO法人ミラツクは、”既にある未来の可能性を実現する”をテーマに、異なるセクター、異なる地域、異なる職種など領域を超えた協力を生み出し、より良い社会に向けたイノベーションが加速することを目指して活動するNPO法人。

「災害後の女性の起業率の上昇や、復興における女性の活躍の存在から、普段の社会的制約が外れたときに現れる女性が本来持つ力があるのではないだろうか」と考え、2015年にかけて女性起業家や大学教員、企業のマネジメントなどを中心に計30名のインタビュー調査を行い、社会的な制約などによって、従来の考え方や評価軸ではうまく力が活かされない”女性が本来持つ7つの力”仮説を見出しました。

診断では、”26の質問”によって、あなた自身の”7つの力の傾向”について知ることができます。

「女性が本来持つ7つの力」オンライン診断

ここで言う”女性が本来持つ力”は、男性的な社会において活かしにくい力を指し、女性の強みである一方で男性も持つもの。もちろん男性の方でも答えることができます。

また、オンラインカウンセリングサービスを行う株式会社cotreeは慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司教授監修のもと、「「幸福学」に基づくあなたの幸福タイプ診断」サービスも行っています。

ミラツクでは、今年度は女性本来の力が活きる企業を築くためのワークスタイル、マネジメントスタイルについての研究調査の結果を加え、職場診断版の作成に取り組むそう。女性本来の力が活きる企業づくりに関心を持っている方は、問い合わせてみてください。NPO法人ミラツクへのお問い合わせはこちらから 

http://inquire.jp/2016/04/-happiness/

inquireをフォローする